AX

結婚式準備情報ブログ【プレ花嫁さん向け結婚式成功術】

結婚式準備中のプレ花嫁さんに向けて、結婚までの段取りから指輪の購入、ウェディングドレス選びや披露宴プランなど、おすすめ情報を私の体験談を交えてご紹介するブログです。

ブライダルフェアは平日が狙い目!平日限定の夜フェアや試食会もある

結婚式場

週末がメインのブライダルフェアですが、実は平日に開催している会場も多くあります。

平日限定で無料のフルコース試食会を開催していたり、少人数または貸し切りでゆっくり式場見学ができるなど、平日ならではのメリットもあるので、あえて平日を狙って参加するカップルも多いんだとか。

ここでは、土日にお休みが取りにくい方に向けて、平日のブライダルフェアの特徴をご紹介します!

スポンサーリンク

 

 

平日のブライダルフェアは意外と多い

彼や彼女の仕事によっては、平日しかお休みが取れなかったり、シフトの都合で週末休みは月に数回だけ…なんてこともありますよね。

基本的に、人気が高い結婚式場の週末フェアは予約が取りにくかったりするので、フェアの空き状況と休日予定を合わせるのが難しい方も多いと思います。

平日なら二人一緒に参加できるけど、週末は一人で参加しなくてはならないというカップルのためにも、最近では平日のブライダルフェアに力を入れている会場も増えてきています。

ゼクシィの付録でよくある「ブライダルフェア最新カレンダー」も土日がメインで掲載されていますが、ネットで「ブライダルフェア 平日 東京」などと検索してみると意外とたくさんヒットしますよ♪

スポンサーリンク

 

 

平日のブライダルフェアの特徴は?

カレンダーの平日

実際に私が平日のブライダルフェアに参加した経験を踏まえてまとめてみると、平日フェアのメリットとデメリットは以下のようになると思います。

■メリット

○人気が高い式場でもフェアの予約が取りやすい

○少人数だったり貸し切りだったりするのでゆっくり見学できる

○土日には見られない会場やスポットも見学できる

○貸し切り邸宅や一軒家の式場見学では当日のように静かな雰囲気を味わえる

○19時以降など平日の夜フェアを利用すれば仕事に影響が少ない

■デメリット

○平日フェアでは模擬挙式体験が含まれない場合が多い

○試食できる料理がメイン1品だったり、ワンプレートだったりする

○平日のフェアのみでは、実際に結婚式を挙げる週末の混雑状況など周辺アクセスの実状がわかりにくい

何はともあれ、平日のブライダルフェアの最大メリットは予約が取りやすく、自分たちのペースでゆっくり見学できることです。

週末は他のカップルの結婚式で使用していて見られない会場も、しっかり確認することができます。

その分、模擬挙式体験や披露宴の演出体験など、土日のフェアでは体験できる内容が平日のフェアには組み込まれていない場合があります。結婚式場側としても大規模なブライダルフェアは来客が見込まれる週末に開催したいだろうから仕方ないですけどね…。

平日のフェアでもドレスの試着ができたり、ワンプレート料理、メイン料理、デザートなどの無料試食会を行っている会場は多いので、それだけでもかなり会場のイメージは掴めると思います。

■仕事帰りに立ち寄る!平日限定夜20時以降のフェアもある

平日限定のポイントの一つとして、19時や20時スタートの夜のブライダルフェアもあるので、仕事帰りに二人で行けるということです。

ブライダルフェアの平均参加件数は3件程度と言われているので、忙しい仕事の合間に式場見学をする場合、仕事帰りに立ち寄れるのは便利ですよね。

結婚式と披露宴を夕方~夜に予定していて、夜景や会場の雰囲気を重視して式場選びをしたい方にもおすすめです。

平日のブライダルフェアの注意点

デメリットの部分でも書きましたが、あくまでも実際に結婚式を挙げるのは土日などの週末や祝日であるということを念頭に置いて、フェアに参加するのが重要です。

平日は式場全体が落ち着いて静かな雰囲気であったとしても、実際の週末は結婚するカップルが大勢いて雰囲気が全く違ったり、周辺の交通アクセスが渋滞しやすく遠方から来るゲストに不向きだったりすることもあります。

ブライダルフェアは平日しか参加できないとしても、式場と契約する前に一度、土日や祝日の様子を確認しておくことが大切だと思います。

スポンサーリンク