AX

結婚式準備情報ブログ【プレ花嫁さん向け結婚式成功術】

結婚式準備中のプレ花嫁さんに向けて、結婚までの段取りから指輪の購入、ウェディングドレス選びや披露宴プランなど、おすすめ情報を私の体験談を交えてご紹介するブログです。

相手の親に喜んでもらえる!結婚挨拶の流れとマナーとは?

彼の両親へ結婚挨拶

近いうちに結婚の挨拶に行くけど、失敗したらどうしよう…

初めてのご両親との対面、実家訪問で失礼があったら困るし、相手の両親に快く受け入れてもらえるのか不安いっぱいですよね。

自分たちより人生経験が豊富な親世代だから、マナーやしきたりをとても重視しているかもしれません。

「失敗した!」と後悔するまえに、結婚挨拶の流れと基本マナーを知っておきましょう!

スポンサーリンク

 

 

いよいよ実家にご挨拶!当日の流れはどんな感じ?

いよいよ結婚挨拶の本番当日!

緊張するけど、なにも取って食われるわけでもないので、どうにか頑張りたいところですよね。

相手の実家に行く目的は、自分たちの結婚を了承してもらうため。

彼氏や彼女の両親に、「この人なら、うちの子を任しても大丈夫」と安心してもらえるように、しっかり予習しましょう。

まずは、当日の流れをご紹介します。

①約束時間の1~2分後に玄関チャイムを鳴らす!

玄関のドア

実家に訪問する場合は、約束をした時間の1~2分遅れでチャイムを鳴らすと良いと言われています。

基本の作法として、一般家庭に訪問するときは、定刻から5分後までに訪問するのが最適マナーとされています。

約束した時間ピッタリにドアフォンを鳴らした方が良いと感じるかもしれませんが、相手が準備をする時間の余裕をあえて数分持たせることが大人のマナー。5分以上遅れたり、定刻より前に訪問するのは失礼なので要注意です。

コートを着ている場合は、事前にコートを脱いでおくのが基本です。

スポンサーリンク

 

 

②まずは玄関先で簡単な挨拶をする

玄関で出迎えをしてもらったところで、簡単な挨拶をします。

最初に相手から紹介を促してもらうのか、自分から名乗るのか直前に打ち合わせをしておくと、ドギマギせずにスムーズに挨拶ができます。

ここでは、「はじめまして、○○です。お邪魔いたします」と簡単な自己紹介をします。

■お部屋に通されたら挨拶の後に手土産を渡す!

結婚挨拶の手土産

部屋に通されたら、改めて丁寧な挨拶をして手土産を渡す場面です。

参考センスあるわね!結婚挨拶で一目置かれる手土産ランキング5選

もし、通された部屋が和室だった場合は、座布団が敷かれていても座布団には座らずに、畳の上に正座をして両親が揃うのを待ちましょう。

正座で挨拶する

相手の両親が座ったところで、畳の上で「○○と申します。今日はお時間を作っていただきありがとうございます」と正座で頭を下げてあいさつします。

もしも、部屋にはすでにお義父さんが座布団に座って待っている場合もありますよね。

部屋に案内してくれたお義母さんが、座布団に座ってくださいと言ってくれた場合は、座布団に座ってお義母さんが着席するまで待っていてもOKです。

両親とも着席したら、座布団から一度おりて、同様に挨拶すれば大丈夫。このあと、手土産を渡すのですが、紙袋から出して本体を渡すのが基本です。

「つまらないものですが」というセリフは今はタブーらしく、「ほんの心ばかりですが、お好きだと伺ったので…」などの言葉を添えて渡しましょう。

■ちょっとご歓談のあと、結婚について切り出して

両親への挨拶

15分くらい歓談して、自分の出身地や勤め先など自己紹介を交えてお話ししましょう。

二人の間で、両親に話して良いこととダメなことを前もって打ち合わせしておくと失敗が少なくて済みます。

そして、いよいよ本題へ…。

結婚について承諾を得るための話の切り出しは、男性からします。

ここで両親の承諾が得られれば、結婚式の予定についても軽く話しておくと良いかもしれません。

■2時間くらいで帰宅するのが一般的

2~3時間くらいしたら、そろそろ帰宅する時間。「今日はそろそろ失礼いたします」と帰ることを切り出してみましょう。

もし「一緒にお食事でも…」とお誘いを受けたら、「ご迷惑ですから…」と丁寧に辞退して、それでも勧められたら「それではお言葉に甘えてごちそうになります」とお受けするのが作法。

帰るときのタイミングは、二人で合図を考えておくと便利かもしれません。

玄関で靴を履いたら、両親の方を向きなおして「本日はありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします」と挨拶の言葉を述べます。

コートを着る場合は、外に出てから着るのがスマートです。

以上、結婚挨拶当日の流れと基本的なマナーをご紹介しました。全部覚えて完璧にこなそうとすると、緊張して頭が真っ白になってしまうことも…。

挨拶の言葉を丸暗記するより、誠実さが相手の両親に伝わることが大切なので、真剣な気持ちで向かえば大丈夫ですよ!

スポンサーリンク