AX

結婚式準備情報ブログ【プレ花嫁さん向け結婚式成功術】

結婚式準備中のプレ花嫁さんに向けて、結婚までの段取りから指輪の購入、ウェディングドレス選びや披露宴プランなど、おすすめ情報を私の体験談を交えてご紹介するブログです。

【ドキドキ】彼女の家に結婚挨拶!失敗しない服装・ネクタイ色は?

スーツで挨拶する男性

彼女の両親に結婚の挨拶をするけど…、どんな服装なら好印象??

相手の両親と初対面で、なおかつ結婚の許しを得るとなると、考えるだけで物凄く緊張しますよね。

礼儀正しいのはスーツが基本だけど、彼女から「カジュアルでいいよ」なんてアドバイスをもらって混乱してる人も多いはず。

ここでは、彼女の両親へ結婚の挨拶に行く男性のために、スーツスタイル、きれいめスタイル、ネクタイの色、靴など、適切な服装マナーについてご紹介します!

スポンサーリンク

 

 

面接だと思えば納得?基本はスーツを着るべし!

にこやかな笑顔で優しそうな彼女の両親であっても、内心では「大事な娘と結婚する相手」としてあなたを吟味しています。

両親への挨拶

彼女との結婚を真剣に考えている真面目な男性という印象を持ってもらうためには、スーツを着ていくのが基本です。

■スーツの色は黒・紺・グレーが好印象

失敗のないスーツの色は、黒や紺、グレーなど落ち着いた印象のあるカラーを選びます。

明るいグリーンやパステルカラーは軽くて頼りない印象を親に与えてしまうので避けた方が無難。

必要ならクリーニングに出して、しっかりとプレスされたきれいなスーツと派手でないワイシャツを着るようにしましょう。

■ネクタイの色は何色を選ぶべき?

彼女の両親に結婚の挨拶に行くのだから、大切なのは個性のアピールではなく「誠実さ」を全面に出すことです。

だから、ネクタイの色選びはベーシックな無難な色が正解。

紺地に控えめなストライプ、または細かいドット柄など落ち着いた印象のあるネクタイを選ぶようにしましょう。

間違っても、赤やピンク、紫などの派手な色、白黒クッキリのストライプのような色は禁物!

ネクタイが個性を放ってしまうのは避けた方がいいです。

もし、彼女の父親がビジネスマンとして会社勤めを長く経験し、ある程度の地位がある方の場合は特に要注意です。

「場面に合わせたネクタイ選びもできないヤツ」という烙印を押される恐れも…。

スポンサーリンク

 

 

■意外と盲点!靴下は新品で行こう

驚く男性

自分では気づかないけど、彼女の家族が意外とチェックしてるのが靴下

「正座して座ったら、彼の靴下の足底にうっすら穴が開いている…」、「毛玉がつきまくった貧乏くさい靴下で来た」など、あなたが帰った後に家族みんなで指摘されてたら恥ずかしいですよね。

彼女の実家で靴を脱いだ瞬間に靴下の穴を発見してしまうのも嫌なので、当日は新品を用意するようにしましょう。

ちなみに、靴下の色は黒や紺などベーシック色が無難です。

■靴の色は黒や茶色の革靴で

靴は基本的に革靴を選び、黒や茶色を選べばOKです。

新しく買う必要はないですが、汚れや傷はきれいに磨いておきましょう。

黒や紺、グレーなど落ち着いたスーツ色に合う靴をチョイスして。

「楽な格好で来て」と言いながら、実はチェックされてる

よくあるお悩みパターンなのですが、最初はスーツを着ようと思っていたのに、彼女や彼女の両親から「楽な恰好で来ていいからね」と言われて、どうすればよいか悩んでしまう男性が多いようです。

でも、向こうの両親が楽な恰好で来いと言っているのだからと、素直に真に受けてカジュアルな恰好で行くのは危険です。

フランクそうに見える両親でも、意外と服装のチェックはしているし、第一印象はこれからもずっと残ります。

大事な娘の結婚の挨拶に、きちんとした服装で来られて嫌な思いをする親はいませんよね。

「楽な恰好でいい」と言っておいたけど、彼がちゃんとスーツで来たとなれば、自分で考えて行動できる信頼できる男性だと思われて、さらに好印象になる場合もあります。

挨拶のあとに外でバーベキューをするなど、特別な理由でもない限りスーツを来ていくことがおすすめです。

いかがでしたか?彼女の実家に結婚の挨拶に行くのは、本当に緊張しますよね。服装選びでつまらない失敗をしないように、基本に忠実に選んでみてくださいね。

スポンサーリンク