AX

結婚式準備情報ブログ【プレ花嫁さん向け結婚式成功術】

結婚式準備中のプレ花嫁さんに向けて、結婚までの段取りから指輪の購入、ウェディングドレス選びや披露宴プランなど、おすすめ情報を私の体験談を交えてご紹介するブログです。

送った方が好印象!結婚挨拶のお礼状の書き方と例文

お礼状の便せんと封筒

彼の実家に結婚の挨拶に行って、きちんとお礼状出しましたか?

結婚後のことを考えて、彼のご両親に好印象を持ってもらうためには「挨拶後のお礼状」は必須アイテムといえます。

お礼状は、出さないより出した方が絶対に効果的なので、訪問後は2~3日中にお礼状を贈るようにしましょう。

ここでは、結婚挨拶のお礼状の書き方と具体的な例文をご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

書くべき内容は2つ!結婚挨拶のお礼状の書き方は?

お礼状の基本的な内容は、おおまかに2つ組み込まれているとわかりやすいし、印象も良くなります。

まず一つ目は、「わざわざ時間を割いてくれたことへのお礼」

そして、二つ目は「これからのお付き合いをよろしくお願いします」という内容です。

謙譲語を使って丁寧な文面にしたいところですが、へりくだり過ぎると堅苦しくて変な文章になってしまうので、丁寧さも重要ですが、明るい印象を与える文面にすることも大切です。

■ハガキと便箋ならどっちがいい?

ハガキと手紙であれば、手紙の方が、気持ちが込められていて丁寧な印象がありますよね?

ハガキは手軽に出せるというイメージがあるので、できるだけ便箋と封筒を購入して手紙を送ることがおすすめ。

結婚のお礼状であれば、季節の絵柄などが描かれたきれいな便箋が女性らしくて良いですよね。

もしどうしても送りたいお気に入りのハガキがある場合は、ハガキにお礼状を書いて封筒に入れて送ればOKだと思います。

スポンサーリンク

 

 

■お礼状は縦書き?それとも横書き?

便箋の形状にもよりますが、基本的には縦書きでも横書きでもOKみたいです。

彼のご両親が年配の方の場合は、もしかしたら縦書きの方が好印象かもしれません。

ちなみに、自分の字に自信がない場合は、縦書きよりも横書きの方が字がきれいに見える効果があるので、両方書いてみてきれいに見える方を選ぶのもいいかも。

パソコンで書いてプリントアウトするのはアリ?

年賀状などもそうですが、字に自信がないと手紙の本文や宛名をパソコンで書いてプリントアウトしたくなりますよね。

でも、パソコンは相手にそっけない印象を与えやすいので、たとえ字に自信がなくても直筆で心を込めて書いた方が気持ちが伝わりますよ。

■お礼状の宛名は誰にするべき?

彼のご両親に結婚の挨拶に行ったので、お礼状の宛名は「父親と母親の連名」にするのが基本です。

名字のあとに、名前と様を揃えるように記載しましょう。

出典http://www.bouquet-paper.com/004hikkou/images/tmoji4.jpg

結婚挨拶のお礼状【具体的な例文】

それでは、結婚挨拶後のお礼状として送りたい具体的な例文をご紹介します。

「先日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

ご挨拶のみで失礼させていただくつもりが、楽しくてついつい長居してしまいました。

○○さん(彼)の小さい頃のお話しを伺うことができて、とても嬉しかったです。
美味しいお食事まで御馳走になり重ねてお礼を申し上げます。

これからは、結婚式の準備などで、なにかとご相談させてただくことが多くなるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

寒い日々が続いておりますので、くれぐれもご自愛ください。」

○月○日 自分の名前

挨拶に行ったときに彼の両親から聞いた話で印象的だったことや、感動したことなど、より具体的なことを書き添えると、両親にも喜んでもらえるかもしれません。

挨拶のときに結婚を反対された!でもお礼状は出すべき?

結婚に反対する親

挨拶の場で結婚を反対された場合は、お礼状を書くべきかどうか迷いますよね?

でも、反対されたまま感情的になってそのまま無視をしてしまうと、余計に話がこじれるということもあります。

反対されたけど、二人とも結婚したい意志が固く、それを両親に説明してきたのであれば、今後の展開を上手くいかせるためにもお礼状を出した方が無難です。

特に結婚に反対されたことには触れずに、挨拶に伺った時間を割いてくれたことにだけお礼の気持ちを書き、また改めてお目にかかりたいですという気持ちも素直に綴りましょう。

いかがでしたか?お手紙一通送るだけで、あなたの好感度がグッと上がるならば、絶対送っておきたい「結婚挨拶のお礼状」。

訪問から時間が経ち過ぎてしまうと逆効果にもなりかねないので、数日のうちにサクッと送ってしまいましょう!

スポンサーリンク